Chtto Shot いい空 いい風景


なんとなく道を歩いている気になる風景があったりする。
旅行したりするとどうしても撮っておきたいシーンがある。
(笑)なんちゃって。かっこつけてみたけどかっこよくないしー
行った場所場所で気に入ったところ。気になったところ。
そして普通の他愛ない風景。そんなものを撮ってみました

<のどか>
…ネコじゃないのでこっちで(笑)
近くの精進料理屋のうさぎ。
24羽います。現在は、知りませんが。
このとぼけた顔。癒されます。
人が通ると、こうしてきょとんとした顔で
こちらを向くのです。
<決壊寸前?>
川が、溢れそうです。
濁流がうねってました。
そんな光景に、普段見られない
自然の脅威を感じます。勢いを。

でも、人工の川だな、と思わされる瞬間。
それでもどこか、綺麗でした。
<はたらきもの>
…動物シリーズ。いや昆虫シリーズ?

蜂です。分かりますかね。
ものすごい勢いで一生懸命働いてました。
…かわいくて思わず。
<どうも。>
…ありです。あり。

いや…頑張って歩いているのを見て。
けっこう大きかったので(汗)

何処に入れるか迷ったんですけど

とりあえず、ありです。
<雲のグラデーション>
うまく撮れなかったのが残念。
白い雲と、灰色の雲が、綺麗に折り重なって
雨上がりの不安定な空を見せていた。
某大学の研究棟の屋上から。
朝陽先輩と二人でぼおおおおおっと
していたときに空を眺めて撮った1枚
<薄紅霧>
春の某公園。派遣で働いた先の近く。
ぼうやりとけぶる桃色のもやもやが
なんだか幻想的でした。
その中に入ると、まるで平安時代。
日本に帰国したことを感じる瞬間。
<異国情緒>
カトリック下井草教会。
言っちゃうと風情も何もないですが。
夕闇の中に立つこの教会。
たたずまいだけでココロが静かになります。
<晴海トリトン>
もう1年位前のなんですけど(笑)
いつかエッセイで使おうと思っていた
写真、ついに公開(笑)
ミニコンサートが開かれてます。
フルートとバイオリンだった気が。
なんとなく、良い感じ。
<名物>
言わずと知れた雷門ですね。
いや…なんといいますか。名物?
まだ仲見世がやっていたので、
その光が綺麗に見えました。
なんとなく人の影が浮かび上がって
綺麗なのか不気味なのか。
<もう6時半>
日が延びてきた頃。
イギリスから帰ってすぐの頃です。
6時半なのにまだ明るいんだなぁ。
そう思ってました。
大学の近くで。
<ある6月の晴れた空>
文字通り6月に撮りました。
空がすっごく綺麗で、
嬉しくなっちゃいました(笑)
左のプラタナスは現在は、あまりに葉が
落ちるので、切られてないです。懐かしいなぁ。
<夜空は「黒」じゃないんだよ>
これ多分大学の帰りだと…。
空が綺麗でした。これ本当は、
グラデーションだったんです。
って…分かるかなぁ。分かって(笑)
空がやうやう暗くなっていく、
そんな雰囲気。
<某門より>
(笑)うちの大学です。並木が綺麗です。
門から大学のキャンパス方面を臨むと
こう言う感じになります。
ちょうど緑が綺麗な頃だったので、
アーチで良いです。
<那智の滝>
夏に行ってきました。
迫力が出ていないのが残念なのですが
「どどどど」っていう音がたまりません。
水が「生きてる」って言う感じです。
<那智の滝遠景>
バスの中から見た滝の様子。
これだけだとやっぱり分かりづらい。
遠くから見ても、緑を押し分けるような
滝の流れが迫力でした。
<木立>
(笑)まんま…。
細い松が立ち並ぶ木立で上を見上げると
一点に集約されていくのです。
その「遠近法」のフォーカスを、
何とかして捕らえたかったのですが…
失敗(笑)
<何時代?>
同じく那智。
参道を歩いて行くとこんな風景が。
まるで奈良時代にでも迷い込んだような。
けっこうな山道なのですが、
この風景に癒される…。
運ばれる風までが味がついてる気がするのは
気のせいなのかなあ。
<海を臨む>
向こうの方に線が見えます?
水平線です。むこうのほ〜〜〜うに。
けっこう感動しました。
おお、見えるんだなあ…と。
こうやって屋根の向こうに見えるとは
またおもしろきことかな。なんちって。
<阿波踊り1>
教会の仲間と行きました。阿波踊りです。
あ、いや「観に」行ったのです(汗)
なかなか止まらないのでぶれまくり。
これもまぁ躍動感があって…いっかあ(笑)
<阿波踊り2>
これは踊っているところ。
こちらもぶれまくってますが(汗)
阿波踊りのカタチは分かるでしょうか。
すごい躍動感と熱気。
カラダが自分まで動き出してしまう。
現にご一緒した神父様、
足が…踊ってました(爆)


    


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス