Bach flower remedies

〜バッチのフラワーエッセンス〜

 イギリスではアロマセラピーと並んで有名で手軽にできる、Dr.エドワード・バッチが開発したセラピー、
それがフラワーエッセンス(Flower remedies)です。
自分の感情や状態に合わせて、レメディー(処方)を選び、お花の持つ治癒力を
ぎゅっと押し込めたエッセンスを飲み物といっしょに自分の身体に取り込むことで
ゆっくりと自分を癒していくというのがやりかた。
何種類かのレメディーを組み合わせて自分に合ったレメディーを作ることができます。

(ここから先のフラワーエッセンスに関する資料は、イギリスのドラッグストア「Boots」の資料によるものです)

<進み方>
各ページのBackは、その前のページへ、Homeは全体のIndexへ、Nextは次へ進みます。

 How did it start?? フラワーエッセンスの始まり

フラワーエッセンスは、ホメオパシー(フラワーエッセンスと同じようなセラピーで、これも有名)で
有名だったDr.エドワード・バッチによって、始められました。
バッチ博士が注目したのは、花の持つ人の感情への多大な影響力。
これを、人のために利用できないだろうかと考えたのです。

ホメオパシーの知識を利用して作られたこのエッセンスは
ひとつひとつのレメディーがそれぞれの効力を持ち、体の内側から働きかけます。
そして、調和を保つことでその人の状態をよりよい状態へと戻していくのです。
このエッセンスは、今でもオクスフォードシャーにあるバッチ博士のセンターで作られ、
そこから世界中に広がっているのです。

How do the remedies work? どんな働きをするの?

38種類のレメディーがそれぞれ個々のネガティブな感情に対して効果を持っています。
それに働きかけて、自分の心の中でのバランスを保ち、ネガティブな感情を
できるだけなくしてしまおうとします。
そうしたネガティブな感情は、ずっと続くと身体にも影響があると考えられているのです。
バッチ博士は、健康な精神は健康な肉体を約束すると言っています。

(注) このサイトは、バッチ フラワーレメディーを使って生じたいかなるトラブルにも
責任を負いかねます。これらの点をご理解の上ご利用ください。
また、バッチフラワーレメディーは医薬品ではありません。


 使い方

 種類と効用

    


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス